香川の売土地

2021.08.01

売土地

太田下町 約103坪の整形地 サンフラワー通りまで300m

言わずもがなの、

「レインボーロード・サンフラワー通り」近くの土地はありますか?からの、

「ありません」という通常ならではのパターンですが(笑)、

 

これが、「あるんです!」

しかも、相場の坪単価よりも低い設定です。

 

なんだか怪しいですよね(笑)。

不動産は、むやみやたらと安くなるわけはなくて、

「安いには何か理由が必ずある」はずです。

 

では、その理由を見ていきましょう。

実は、前回投稿しました「木太町」と全く同じパターンです。

 

理由①上水道管

理由②道路幅員

 

 

当該土地の立地ですが、

サンフラワー通りのスターバックスさんや、

旧馬渕製麺所さんから、徒歩で約5分程度のところです。

とても立地がいいですよね。

当該土地から、まっすぐ東へ行けば、

「鹿の井出水記念碑」附近の桜並木が、春にはとてもキレイです。

また、レインボーロード・サンフワラー通り周辺にありがちな、

「でも、駅が遠いんだよね」ということもなく、

ことでん太田駅まで徒歩約7分程度です。

少し行けば、皆さんご存じの通り、生活・遊びに充実した店舗が揃います。

当該土地のすぐの周りは、住宅地ばかりです。

用途地域は、一種低層ですし。

 

 

 

サンフラワー通り「沿い」ではなくて、

いわゆる住宅用地として、

このあたりの実勢価格、いわゆる「相場」ですが、

坪単価25~29万円程度ではないでしょうか。

 

しかしながら、坪単価11万円としております。

低いですよね(苦笑)。

ですので、上記の二つの理由をクリアーにするための費用を要したとしても、

充分に、それでも、まだ土地の坪単価は低いであろうと想定します。

 

理由①

当該土地の住宅ひとつぶんを西へ過ぎたところに、

南北に走る高松市道があり、ここに高松市の上水道本管が埋設されています。

この本管から分岐させて、当該土地まで約10m程度でしょうか、

上水道管を埋設させる工事とその費用が必要となります。

ちなみに、当該土地の南面の道路も高松市道です。

どうして、ここに上水道管を埋設していないのでしょうか。

不思議でしょ。

それは、古い町だから、宅地化が進むなかで、

行政の動きと、民間の社会や経済の動きが連動していなかったではないでしょうか。

そんな、日本の1950~1980年代なのかなと。

ですので、では、ここに住宅が建築されてあったわけですが、

実は、長年、井戸を利用されておりました。

納得と同時に驚きですよね。

 

 

 

 

理由②

高松市道路台帳にあるとおり、

西側附近の道路と、

南面の道路は、

いづれも「高松市道」です。

 

 

ただ、このように南面道路、

つまり進入道路部分の幅員が約2.5mしかありません。

普通乗用車は、ゆっくり進入していけます。

軽自動車なら、もう少しスイっと進入できます。

 

ここで、思い浮かぶのが、

では、「水路に床板がかけられないのか?」ということですが、

水路幅員が1.9mあるために、

「床板はかけさせない」という土地改良区の回答です。

内場土地改良区・平池土地改良区

ちなみにですが、雨水を南側の水路へ放流するならば、

東部幹線維持管理会(平池土地改良区)の許可が必要です。

雨水という自然現象にも「許可=お金」を徴収するのもちょっとした社会問題かと考えますが。

それと、もう少し突っ込んだ話をしますと、

床板の許可は出せないということが大原則ですが、

「高松市」から土地改良区へ事業(床板工事)として提案するならば、

可能性はあるかも、とのこと。「かも」ですからね。

まず、そのような事業に公費は出さないでしょうね。

当該土地の南面道路を東へ進み、

東から西へ向いて撮影した写真です。

この鹿の井の西側からの進入については、

当該土地の少しだけ手前で、

カーブがありますので、軽トラック程度じゃないと、

進入はかなり難しいと考えます。

 

 

とりわけ、事件・事故・火災があるような、

いわゆる「事故物件」では決してございません。

単に、上記の理由①②のために、低い坪単価設定としております。

 

売却のご理由につきましては、

相続するも、自宅所有であり不要のための売却ということです。

 

昨今は、コンパクトカーの人気があり、

ガソリン・エコ・税金軽減などで軽自動車の人気がありますので、

「車は、軽自動車なんです!」とか、

「絶対に南面道路が条件」で、「でも、人の通りがあるのは嫌!」とか、

「とにかく広い庭が欲しい!」とか、

「家庭菜園の時代でしょ!」とか、

そんな人向けです(自信あり)。

 

十二分に「建築は可能」です。

ぜひ、ご検討くださいませ。

 

でも、実際に建築工事をする時の、

「建築工事車両の進入はできるのか?が心配ですよね」

、ということは小さい声で申し上げておきます。

 

 

物件概要

価格 1,150万円 所在地 高松市太田下町1333-1
土地面積 343.22㎡(103.82坪) 交通 太田駅 徒歩7分
現況 更地 ライフライン 下水道 電気
引渡し条件 現状有姿 引渡し時期 即時

 

都市計画 非線引き 用途地域 一種低層
建蔽・容積 60・100 接道状況 南側公道 幅員2.5m
道路種別 二項道路 地目・権利 宅地・所有権
学校区 太田南小・太田中 注意事項 上水道管埋設及び引込必要
担当者 赤松邦朋

 

この物件の詳細はこちら

Copyright© 香川県・愛媛県松山市の不動産売買は「西日本不動産」 All Rights Reserved.