愛媛のリノベーション

リノベーション

リノベーション施工販売例    ~昭和の中2階の家を大胆に~

ずいぶん前から売り土地として看板がかかっていた物件でした。

この家の前を通りかかる度に「中見てみたいな?なぜ売れないのかな?」って思っていた物件です。

薄汚れた印象の外観

 

実際中を見てみるとまあ普通に中古住宅では売れないかな、という第一印象。

まず1階が細かく仕切られていて窮屈なうえに昭和の家にありがちな板張りこげ茶の内装壁、階段室の微妙な杉の木林のデザイン壁紙等々。 

壁紙のセンスがわからなかった

しかしこの1番目の写真のアールになった下がり壁と階段室が見えたとき、リノベーションで何とかしようと思ったのがこの物件を手掛けるきっかけとなりました。 

なんか「この物件には色気がある」という感じですかね、なので階段が見える写真の角度はいろいろイメージしましたが、ベストな仕上がりだと思います。

お客様もこの写真で来場されました

また、昭和の応接間をやめてリビングにすることで今回LDKは22畳になり、家の面積の割にLDKが広い感じです。しかしそれは今の平成の住み方に合ってると思います。 

DKスペースに3.6mのカウンターを設けました。

キッチンから子供さんが勉強してるのが見えるので安心して家事ができます。

壁に向かってのカウンター

型にLDKが曲がってるのでDKとが何となくうまく分けられてるのも良いです。 

窓を触りたくなかったのでキッチンはセパレートを選択しました。

水とガスが一直線ではないのですが、分けることでキッチンの合計全長は3.6mとなり収納力も調理スペースもアップしました。

また左右どちらからでもシンクにアプローチできるので家族で料理協力して作る場合には便利です。 

セパレートキッチン

中2階に上がる大きな吹き抜け階段室の壁にボルダリングできるようにしたいと思ってましたが、皆から激しく止められたために今回は断念しましたが、オリンピック正式競技になったので、ある意味強行してやっとけばよかったかなと個人的には思ってます。 

玄関入って吹き抜け

昭和40年代の和風の家がまったく違ったものに今回もリノベーション出来たかなって思います。 

中2階の家はなぜか好きです、またそういう家リノベーション工事したいですね。 

 

もっとマニアな解説を読みたい方は「この物件の詳細はこちら」へをクリックしてください。

ブログ形式で解説しております。

 

記事:坂本隆二 

 

DATA

土地:98.71㎡(約29.85坪) 建物:木造瓦葺2階建 106.92㎡(約32.34坪)昭和53年10月新築

リノベーション工事内容

外部:エクステリア、玄関ドア交換、外壁塗装、バルコニー防水工事、上下水道工事、給湯工事、電気  引き換え工事等々

内部:間取り変更、床張り替え、クロス張替え、キッチン新調、洗面・トイレ新調、浴室ユニットバス交換、コンセント追加工事、建具交換、下足入れ等交換、カウンター設置、照明器具工事等々

 

参考リノベーション工事金額:8,000,000円(消費税含む・家具照明器具含む) 

この物件の詳細はこちら

Copyright© 香川県・愛媛県松山市の不動産売買は「西日本不動産」 All Rights Reserved.